三代目 機長・三暗刻の多趣味通信

機長・三暗刻の多趣味ブログ第3弾

学☆王- It’s Heartful Days - 応援中! Magical Charming! 応援中! ねこ☆こい!応援バナー 学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中! Magical Charming! 応援中!

中麻解釈(華)

今日は役記事の新しいシリーズにいく前に

まずは国標麻雀で不明だった解釈をあげていく

○複合独聴は有効

当然、待ちは1つしかないのだからいずれかの内1つを選択する

○老少双順型の計算<双龍会和を除く>

老少双順型の和了

喜相逢と老少副の内どちらかを2つもう一方を1つとして数える

何かしっくりこない解釈だが

だから広東などでは老少双順を採用してるのかもしれない

○四帰七対の複合

前に清老頭緑一色七対子でつくると必然なので四帰一はつかないとされるが

全小<大>と断幺で七対子を作る場合も6種なので四帰一はつかない

ついでにどうでもいいが三色二同対になる

○暗槓の複合

三<四>暗槓には双暗槓も複合される<四暗槓でも1つだけ>

これは逆に違和感が

 

とまあ納得のいくものからいかないものまでありましたが

これからも見直されるべきところはまだまだありますね(検)