三代目 機長・三暗刻の多趣味通信

機長・三暗刻の多趣味ブログ第3弾

学☆王- It’s Heartful Days - 応援中! Magical Charming! 応援中! ねこ☆こい!応援バナー 学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中! Magical Charming! 応援中!

両立直編:受けか手変わりか(選)

ダブリーをかけれる時に どうしても迷ってしまう事があるが 今日はその基準だ 手役大全ではダブリーをかけれるなら 大体はかけた方が良い 手変わりをするのは圧倒的点差に手広さを両立した時だ ではこれならどうだろうか ドラ表示牌 本家ウィキから持ってき…

混老頭編:混老頭への移行(移)

混老頭では他の役からの移行の話をする まずは国士から老頭和 国士を狙ってる途中で 対子が増えていくと老頭和に移行することがある さらに暗刻ができれば鳴いていくだろう 対子ばっかりになりゃ混老七対もありだが ただしこっちは押し返しに劣るのでタイミ…

七対子編:積極的七対子(攻)

もう1つの七対子が積極的七対子だ これは言ってしまえば迷彩だ 早い段階で七対子一向聴になったら切り順を入れ換えて 和了率を高めておく ただ巡目が深くなると どう見たって不自然にはなってくる そうなったら前回の後者だ ただ迷彩は意識する人じゃないと…

七対子編:消極的七対子(守)

まず1つめは消極的七対子だ 大雑把に言えば前回話したとおり 七対子の可能性を残して打つ そしてもう1つ消極的なのが押し返し力の確保 七対子は先制を許すと 降りこそどうにかなっても 回し打ちは難しい そこで巡目が深くなったら敢えて地獄に受けて凌ぐ こ…

七対子編:七対子への可能性(絞)

今日からまた基本的な役に戻って七対子の話をするが 七対子は初心者の1つ覚え以外に まずそれだけを狙うことは無い ドラが1枚1飜単位で点数が跳ね上がるものの 受けが極端に狭くなり思った以上にあがりにくい 七対子はバラけた手から可能性を残し 面子手とに…

三槓子編:三槓子への狙い時(時)

そんな三槓子だが 狙い時はいつか それは後が無い局で圧倒的点差の時 特に門前での逆転が望めない時 配牌やドラによっては役を重ねることすらままならぬこともある 無理国と比べて縦伸びが良くて早い段階で槓ができるなら 直槓をしてまでもドラを増やして逆…

三槓子編:三槓子への壁(壁)

もっと押し返す力がないのが三槓子だ なんせ役満御三家を超える難易度でありながら二飜しかない 符が桁外れに高いからバランスをとってるとも言われるが 満貫より上の点数が統一されて符の意味をなさなければ 得点の上昇は抑制されわざわざ狙う意味が無い 槓…

三色同刻編:狙い方(備)

三色同刻を狙うにあたっての準備はかなり前からだ 2色が対子でもう1色が1枚でもあれば準備状態だ 但し仕掛ける時は慎重でなければならない 三色同刻は大三元以上の難易度でありながら 押し返す力が足りないからだ 特に特別な条件下でなければのみは避けたい …

三色同刻編:成就率(率)

今日からは三色同刻だ 同じ三色和でも同順よりも出現率は低く 同順と比べれば4桁の差とも ただ同順は7通りだが 同刻は9通りもある でも出現率は数字別で大きく変わってくる 最も多いのは老頭牌<1,9> その次が中張牌の中で2,8 逆に最も出にくいのが尖張<3,7> …

三暗刻編:複合型(複)

三暗刻の聴牌は ツモり三暗刻ならほぼ立直 確定三暗刻ならほぼ黙と載せたが ではこれならどうだ ツモり三暗刻と確定三暗刻が絡み合ってるが

三暗刻編:確定三暗刻(栄)

俺の真麻雀では出和了ができる三暗刻とツモり三暗刻の点数を分けてある これは三暗刻は分けてないという理由で 四暗刻も分けないルールもあるから なら逆に三暗刻も分けて大役満ルールに乗っ取ればいいと それと難易度と点数の調整で とそんな話は置いといて…

三暗刻編:ツモり三暗刻(摸)

今日からの役は俺だ(笑) はい いつものネタはこれくらいにして まずはツモり三暗刻の方からだ 三暗刻は二飜の割に出にくく作りにくい役と言われている だがそれは三暗刻だけの飜数であって実際は役の複合が多く 簡単に高得点に繋がる リーヅモだけの複合で満…

一気通貫編:勘違い(誤)

今回は手役大全とは関係ない話で 休館での記事の補足だ 本家wikiの一通で食い下がりの勘違いが載ってるが 何故わざわざ一通だけに載っているのか そもそも食い下がりの勘違いは一通に限った話ではないのだが ずっと個人的に疑問に思ってたが 1つ有力な説がみ…

一気通貫編:一通の見切り方(棄)

今日は三色の時の様に見切り方の話だ 7種でも愚形2つが残った場合は見切り時だ ましてや残り1面子1雀頭で平和や断么九が狙える時や 愚形2つがいずれも辺張なら尚更 さて手役大全で残りは逆に読み方になるので 次回はちと補足を(補)

一気通貫編:一通の備え(備)

一通は三色に比べ出現率が以下だ そりゃ断么九との複合が出来ないなど使い勝手に劣るのもあるが そもそもパターンが少ないのだ 三色は7通りだが一通は一色につき1通りずつ つまり3通りしか無いからだ さらに三色は内に寄せて自然と出来やすかったりするが 一…

同時改造(揃)

今日は都合により 早い段階で仮投稿にしたが それでは内容発表 ○最上と矢矧を改二化 さらに共にコンバート改装 ○菱餅任務群終了 今年は一通り完走できて良かった ○限定邂逅更新 少なくとも神州丸は継続のようだ ○新任務多数実装 放置任務もまだ多いから 個人…

三色同順編:三色の正しい見切り方(拒)

三色編でうっかりやらかしていた ノナメのスケジュールと被ってしまった チップ雀で祝儀牌を引いたら三色よりも優先することはよくあるが それ以外に三色の見切り時は何か ○断么九で端の三色を見切る 当然ながら断么九なら老頭牌が使えないので必然的に拒む…

三色同順編:三色の意識(識)

何度も言うが麻雀が役を集めるルールになって 三色は麻雀の華となったが 雀荘はチップ雀が主流になって 三色は軽蔑されていった だが実際は扱い方が変ったと言おう 前回チャンタは愚形時の貴重な手役と言ったが 実は三色にも似たようなとこがある 不安定な時…

混全帯么九編:チャンタの勝負手(攻)

手役大全では全帯和は統合されている だがこっちでは別々にやっていく と言うことでホンチャンだが チャンタは殆どが交わし手で使われる 使い勝手が悪く面倒な役とされるが 使える牌種を単純に比較すれば断么九より多い 愚形において貴重な手役だ 門前でドラ…

仙台完先(総)

溜まってた堀内氏の動画を見てたら ちとネタになりそうなのがあったから少し ここんとこ散々な仙台だが 市内には珍しい完先の店があった 前に対面差し馬の店が動画になっていたが この店は順位馬に加えて総差しが採用されている 完先といっても王手飛車とか…

対々和編:対々の決め打ち(決)

対々和の二飜は思ったより高い なのでもっと対々の和了率をあげてもいいだろう 特に個人的に俺は さて対子手から決め打ちすることを 手役大全では対々スキップと称されているが さらに早い段階からの決め打ちは対々ダッシュと称されている とにかく前回の条…

対々和編:対々の目処(刻)

今回から二飜役だが まずは対々和だ 対々和は七対子の向聴で比べられるが 牌が么九牌に寄ってるほど対々にした方が良い だが馬鹿対<対々のみ>はしないほうがいい せめてもう一飜ほしいところ だが断么は非推奨だ 何故って牌が真ん中に寄るし符が低いからだ …

ちょっとブレイク壱(憩)

二飜役の前にちと間を開けまして パソコンを買い換えてサルベージしたデータを 戻しはしたものの 未だ溜め込んだやるべき事ははなくなりゃしない なんだかんだでやることが増えて忙しくて もう来月の話どころかGWの話まで出てきて ちっとも目処が立ちやしね…

ドラ編:赤絡み(赤)

手役大全ではドラの枚数によって 打ち方を変えるように書いてあるが ではドラが複数あるとき一部が赤だったら と言っても具体的なことはないが これも祝儀の比重によるだろう ましてやオールスターが採用されていれば尚更 と他にも門前祝儀などでも変るだろ…

ドラ編:字牌ドラ(字)

まず日麻でドラは役としては扱われてないが 他の役と併記されるのと 1枚単位で飜数を稼ぐので 大きな影響を与えている 特にネックなのは字牌ドラで 更に言えば飜牌ドラだ とは言っても字牌は国士以外1枚では何の機能もしない それが飜牌であってもだし そも…

搶槓編:搶槓の概要(槍)

今日は搶槓だが 手役大全では特にテクニックは無かった あえてポンカスで受ければ狙えなくは無いが そこまでしてあがるものでも無いし では搶槓の前に今度は槓の短所を ○加槓<ルールによっては么九牌の暗槓で国士にあたる>で搶槓に振る ○開けられたドラは他…

嶺上開花編:槓の判断(判)

今日は槓をするタイミングについて話す 先に言っておくが余程のことがない限り直槓<大明槓>はすべきでない ましてや門前なら尚更 せめて鳴いて張っていて暗刻和の可能性も無ければそこから判断の対象だ では加槓<小明槓>と暗槓ならどうか 大きな基準は交わし…

嶺上開花編:槓の長所(得)

手役大全では嶺上開花と搶槓が統合されており 槓に関するテクニックが紹介されている では今回は槓の長所を ○まず張っていれば嶺上開花の可能性がある ●他にも槓でしかできない役もある ○槓ドラがめくられさらに立直をしてればその裏もめくられる ○嶺上で自…

河底撈魚編:形聴狙い(抽)

昨日は河底で振らないようにと言ったが 形聴を狙うとき海底をずらすことにより<特に上家> 形聴確率を上げることができる 海底前に張れれば振聴、空聴でない限り 今度はこっちが河底を狙うこともできる(構)

河底撈魚編:河底の概念(注)

今度は河底撈魚だが 手役大全では海底を自摸るよりも河底で振らないように 気をつける方を優先しろとある まあ自摸るのは自分だけだが振る相手は四麻で3人もいるからな それと河底は出和了しかできない 最近の話だと完闇と同じだな と言うことで明日は河底に…