三代目 機長・三暗刻の多趣味通信

機長・三暗刻の多趣味ブログ第3弾

学☆王- It’s Heartful Days - 応援中! Magical Charming! 応援中! ねこ☆こい!応援バナー 学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中! Magical Charming! 応援中!

北京麻雀変則(変)

北京麻雀の最後は他のバリエーション

つまり一部のルールの違いや追加などを話す

 

○特殊役の採用

一気通貫<龍と称する>の3面子に宝牌が1枚あって

 元の牌の色が一気通貫と一致する場合、本混龍と称し無混に含む

宝牌の単騎を混悠と称し無混に含む<和了自摸に限られる>

の祝儀に親権を適用しない

純粋な第1巡目四風連打の様に同じ牌<風牌でなくても>を捨てて

 誰かが和了ると焼荘<荒荘>と称し

 親が罰符として半満貫<10点>を全員に払う

●さらに親の第1打が風牌の場合、現物を持ってる人は四風連打の様に

 続けて捨てなければならない

○流局したら上楼と称し次局は点数を倍にする

●三連荘以上または親が1巡する間ずっと上楼にする場合もある

○ネット麻を中心に役を追加したり飜数を上げる事がある

○昌平区など一部の地域では四川麻雀の様に絶一門縛りにする

○吃や碰を1局ごと1人につき1回だけにする

●槓は適用しないが加槓は碰を経由するから1回しかできない

○ネット麻を中心に日麻の様に全統制<点炮、包荘、大包>を採用する

●採用する場合は放銃による倍を適用しない

●さらに捨牌も日麻の様に揃える

○包則

●槍槓<搶槓>を1人払いにする

杭州麻雀の様に1人から3副露以上したら相互で包になる

・包者のどちらかが自摸るか鳴いた人が鳴かされた人に振り込むと1人払い

・お互いに3副露以上したら収支が倍になる

・複数の人と包になってる人が自摸ったらそれぞれから和了点を貰う

 

最後は包則だけに複雑な話になってしまったが

これで北京麻雀は完結だ(終)

北京麻雀点則(役)

北京麻雀の2回目は役を中心に点数の話

 

まずは和了形式に過ぎないが槍槓<搶槓>から

槍槓<搶槓>は栄和にも関わらず自摸がつく

さらに一気通貫<単に龍と称する>の3面子が待ちに関わる時

一気通貫になる和了牌なら暗槓でも可

 

って話は昨日もしたが

北京麻雀にも槓の祝儀がある

ただ和了った人が対象で明槓が1点、暗槓が2点

さらに親権<親被りを含む>嶺上開花<槓開>はさらに倍

 

次は小胡だが

以下の役は全て一飜<1つにつき素和了の倍>

○親

●親被りもある

○門前加符<門清>

○無混<没混>

宝牌の無い和了だが手中、全ての宝牌が元の牌で和了になってれば有効

自摸符<提溜>

一気通貫<一条龍、略して単に龍とも>

七対子

門前加符が必ずつく

○四帰七対<豪華七対、略して豪華または豪七とも>

七対子の付加役で1組につき一飜

四帰一の部分で宝牌を用いると無効

○捉五魁<略して捉五とも>

●本来は5の嵌張という意味だが北京麻雀では5萬のみ

七対子5萬待ちでも有効

●元の牌が5萬の場合を除き宝牌で化けたものは無効

嶺上開花<槓開、槓疵>

自摸が必ずつく

 

そして大胡<役満>だが点は低め<20点オールが主流>

○天和

○地和<原義>

●親の第1打<地牌>の栄和

○混槓

宝牌が手中に4枚あると花槓<一組花>の様に無条件で和了

 

最後に点数計算だが

半統制<放銃者がさらに倍>で素和了に役の分だけ倍々勘定し

それを1人分として払う

 

次回はさらなるバリエーションの話()

北京麻雀規則(規)

今日から北京麻雀の話をするが

国標麻雀はあくまで中国共産党が作ったルールに過ぎない

首都、北京ですら独特のルールがあるのだ

その別名は吃碰提

※提溜は自摸を意味する

 

ぶっちゃけ言うとこのルールは日麻のような門前重視で

且つ自摸重視でもある<まあ超摸高なのは殆どのルールなのだが(汗)>

では今回は最も主流と思われる設定の話で進めていく

 

○清麻雀<日麻と同じ>

○不聴連荘

○開門は1回振り<最近の日麻と同じかな>

宝牌があり混兒と称するが日麻ドラと同じ表示牌のネクス

三元牌の順は→白↖<中国の主流だが由来は諸説あり>

●他に會兒、惠兒とも称するがここでは宝牌で説明

●対象の牌は亮喜兒と同じで同様に王牌の上に置く

亮喜兒同様に捨てると和了放棄で捨てられた宝牌副露も栄和もでず

 宝牌がらみの副露もできない

○捨牌は中国の他のルールとほぼ同じでバラバラ

○王牌は長春麻雀と同じか槓ごとに1枚追加が主流

○振聴は同順内のみ

○副露<暗槓を除く>したり宝牌を3つ以上、持ってたり

 宝牌の単騎待ち<混悠と称する>だと栄和ができず自摸でしか和了れない

○槍槓<搶槓>は和了形式に過ぎないが自摸がつき

 一気通貫<単に龍と称する>の3面子が待ちに関わる時

 一気通貫になる和了牌なら暗槓でも可

○錯和は犯した人が聴牌なら和了点を逆に払うのもあるが

 役満払い<20点が主流>が主流

宝牌を捨てたり 多、少牌は和了放棄

 

次回は役に関する話

大連麻雀(厳)

もう1つのルールは大連麻雀だ

大連市と言えば遼東半島の先端に位置しており

ここも日本と大きな関わりがある所だ

ぶっちゃけ言うと大連麻雀の方がよりハルビン麻雀に近く

より厳しい制約となっている

 

では話していくが

載ってないことは長春麻雀とほぼ同じって事で

紅喜だけで加喜も無し?

紅喜を除き祝儀が和了らないと貰えないルールもある

※この場合、払うのは放銃者、被自摸

○祝儀のレートを倍にするルールもある

○門前、断么九、平和、対々和、絶一門<染色和を含む>裸単騎、将は禁止

亮喜兒同様5は対象外

飜牌や4枚使い<槓、四帰一共に>も禁止にするルールもある

※この場合、和了と祝儀の両立が紅喜のみとなる

 

◎役というか和了

○一飜

●被放銃<長春麻雀同様、半統制>

自摸符<これも長春麻雀と同じ>

●親<これも長春麻雀と同じ>

●模宝

 宝牌をツモっての和了

●被門前

 門前だと支払いが倍になる

嶺上開花<槓上開花>

●独聴<複合型は不明>

●槍槓<搶槓>

○二飜

●衝宝

 宝牌を確認したら和了牌だった場合

●三被門前

 他家が全員門前だった場合

 

ルールがより厳しい分

説明が早く終わった(済)