三代目 機長・三暗刻の多趣味通信

機長・三暗刻の多趣味ブログ第3弾

学☆王- It’s Heartful Days - 応援中! Magical Charming! 応援中! ねこ☆こい!応援バナー 学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中! Magical Charming! 応援中!

北京麻雀変則(変)

北京麻雀の最後は他のバリエーション

つまり一部のルールの違いや追加などを話す

 

○特殊役の採用

一気通貫<龍と称する>の3面子に宝牌が1枚あって

 元の牌の色が一気通貫と一致する場合、本混龍と称し無混に含む

宝牌の単騎を混悠と称し無混に含む<和了自摸に限られる>

の祝儀に親権を適用しない

純粋な第1巡目四風連打の様に同じ牌<風牌でなくても>を捨てて

 誰かが和了ると焼荘<荒荘>と称し

 親が罰符として半満貫<10点>を全員に払う

●さらに親の第1打が風牌の場合、現物を持ってる人は四風連打の様に

 続けて捨てなければならない

○流局したら上楼と称し次局は点数を倍にする

●三連荘以上または親が1巡する間ずっと上楼にする場合もある

○ネット麻を中心に役を追加したり飜数を上げる事がある

○昌平区など一部の地域では四川麻雀の様に絶一門縛りにする

○吃や碰を1局ごと1人につき1回だけにする

●槓は適用しないが加槓は碰を経由するから1回しかできない

○ネット麻を中心に日麻の様に全統制<点炮、包荘、大包>を採用する

●採用する場合は放銃による倍を適用しない

●さらに捨牌も日麻の様に揃える

○包則

●槍槓<搶槓>を1人払いにする

杭州麻雀の様に1人から3副露以上したら相互で包になる

・包者のどちらかが自摸るか鳴いた人が鳴かされた人に振り込むと1人払い

・お互いに3副露以上したら収支が倍になる

・複数の人と包になってる人が自摸ったらそれぞれから和了点を貰う

 

最後は包則だけに複雑な話になってしまったが

これで北京麻雀は完結だ(終)