三代目 機長・三暗刻の多趣味通信

機長・三暗刻の多趣味ブログ第3弾

学☆王- It’s Heartful Days - 応援中! Magical Charming! 応援中! ねこ☆こい!応援バナー 学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中! Magical Charming! 応援中!

北京麻雀規則(規)

今日から北京麻雀の話をするが

国標麻雀はあくまで中国共産党が作ったルールに過ぎない

首都、北京ですら独特のルールがあるのだ

その別名は吃碰提

※提溜は自摸を意味する

 

ぶっちゃけ言うとこのルールは日麻のような門前重視で

且つ自摸重視でもある<まあ超摸高なのは殆どのルールなのだが(汗)>

では今回は最も主流と思われる設定の話で進めていく

 

○清麻雀<日麻と同じ>

○不聴連荘

○開門は1回振り<最近の日麻と同じかな>

宝牌があり混兒と称するが日麻ドラと同じ表示牌のネクス

三元牌の順は→白↖<中国の主流だが由来は諸説あり>

●他に會兒、惠兒とも称するがここでは宝牌で説明

●対象の牌は亮喜兒と同じで同様に王牌の上に置く

亮喜兒同様に捨てると和了放棄で捨てられた宝牌副露も栄和もでず

 宝牌がらみの副露もできない

○捨牌は中国の他のルールとほぼ同じでバラバラ

○王牌は長春麻雀と同じか槓ごとに1枚追加が主流

○振聴は同順内のみ

○副露<暗槓を除く>したり宝牌を3つ以上、持ってたり

 宝牌の単騎待ち<混悠と称する>だと栄和ができず自摸でしか和了れない

○槍槓<搶槓>は和了形式に過ぎないが自摸がつき

 一気通貫<単に龍と称する>の3面子が待ちに関わる時

 一気通貫になる和了牌なら暗槓でも可

○錯和は犯した人が聴牌なら和了点を逆に払うのもあるが

 役満払い<20点が主流>が主流

宝牌を捨てたり 多、少牌は和了放棄

 

次回は役に関する話